真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

阿含宗北海道本部で行われる行事

  • 2015年11月9日

阿含宗では悪因縁を断つことを目標としております。これを因縁解脱と言います。悪因縁とは、人を不幸な人生へと導く運命の星だと考えていただければよいでしょう。

因縁解脱を実現する方法を成仏法と言います。お釈迦さまは才能優れた弟子たちのために上根の成仏法・七科三十七道品【しちかさんじゅうしちどうぼん】を、ごく普通の才能を持つ弟子たちのために下根の成仏法・三福道【さんぷくどう】を説かれました。

阿含宗ではこの両成仏法を合わせて編纂した、「仏舎利宝珠尊解脱宝生行」という現代人の在家の人間にとって最高の成仏法を実践しております。この「仏舎利宝珠尊解脱宝生行」は仏舎利供養(礼拝【らいはい】供養・奉仕【みささげ】供養)、先祖供養(解脱供養・冥徳【めいとく】供養)、心解脱行から成り立っています。
この「仏舎利宝珠尊解脱宝生行」によって、人の持つさまざまな悪因縁を断ち、幸福で充実した運命・人生を創造することができるのです。まさに、苛烈な時代を生きる現代人にとって、理想の修行と言えるでしょう。

北海道には5つの地区道場があり、それらを管轄しているのが北海道本部です。北海道本部は札幌市厚別区厚別中央3条3丁目12にあり、厚別中央公園の隣にあります。最寄りの駅からは徒歩で約10分と近いため移動にも便利で、北海道にお住まいの方で阿含宗に興味を持っている方々も訪れやすい立地条件となっています。

北海道本部では、毎月京都の阿含宗本山から僧侶が来て護摩法要を奉修する、「阿含のお護摩」が開催されております。この「阿含のお護摩」は信徒のみならず、一般の方からも好評を博しており、毎月道内各地から多くの人が参拝に訪れます。開催日程などをお知りになりたい場合は、北海道本部にお問い合わせください。「阿含のお護摩」にお参りになり、強い成仏力にあずかられますことをお勧めいたします。