真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

道場が多い阿含宗の北海道本部

  • 2016年01月12日

阿含宗北海道本部は札幌市に位置し、旭川道場・函館道場・釧路川上町道場・小樽道場・帯広道場の5道場を統括しております。

阿含宗北海道本では毎月1日の「朔日縁起宝生護摩」をはじめ、毎月16日の「冥徳祭」や月末の「解脱成仏法要例祭」「宝生解脱法要例祭」を、アゴンネットワークシステムを介して参拝することができます。また、「神仏現形 阿含のお護摩」という護摩法要が毎月2日にわたって、北海道本部で奉修されています。直に護摩法要に参拝できるとともに、阿含宗本山の僧侶による法話を直接聞くことのできる貴重な機会ですから、北海道にご在住の方はどうぞぜひご参拝ください。

ところで、この「神仏現形 阿含のお護摩」の「神仏現形」とはどういう意味でしょうか?
これは、神仏が護摩の炎を借りて、そのお姿を現すことで、阿含宗でお焚き上げする護摩には、数数の神仏がご出現されています。これは阿含宗の法が正しいことを、神仏がお認めになっていることの証しだと言えるでしょう。

阿含宗には単なる教えだけではなく、確実に神仏へと近づく修行のカリキュラムとシステムがあります。まずは「仏舎利宝珠尊解脱宝生行」という行法を授けられ、次第に護摩法などの高度の修行も併せて行うようになります。阿含宗が実践する修行に興味をお持ちの方は、どうぞ北海道本部へご連絡ください。