真正仏舎利を本尊とし、釈尊直税の成仏法を修行する阿含宗関東別院

道内から信者が集まる北海道本部

  • 2016年01月22日

阿含宗北海道本部は札幌市に位置します。この北海道本部は旭川道場・函館道場・釧路上川町道場・小樽道場・帯広道場の5道場を統括しております。北海道本部にはJR千歳線の新札幌駅から徒歩10分、JR函館本線の厚別駅からも徒歩10分、地下鉄東西線の新札幌駅からもやはり徒歩10分の距離にあります。

北海道本部では「神仏現形 阿含のお護摩」を毎月奉修しており、阿含宗信徒はもちろんのこと、一般の方も参拝することができ、多くの一般の方から、「願いがかなった」「心配事が解決した」と感謝・御礼の言葉が寄せられております。

阿含宗の護摩法要は、他の密教寺院とは違い「念力の御聖火」をもって奉修されます。阿含宗管長・桐山靖雄大僧正は1970年に、密教で最も難しいとされる「念力の護摩」を成就されました。「念力の護摩」とは、マッチやライターを使わず、思念の力によって火を生じさせ、護摩をお焚き上げする護摩法です。つまりこの「念力の護摩」の火は世俗の火ではなく、法の火であり、仏の火なのです。阿含宗ではこの「念力の護摩の火」を「御聖火」として灯し続け、これをもって各護摩法要を営んでおります。

この仏の火、法の火によってお護摩をお焚き上げするので、阿含宗の護摩法要はもろもろの願いをかなえ、奇蹟を生じさせるのです。
あなたも「神仏現形 阿含のお護摩」に参拝して、「御聖火」に祈りを捧げ、ご祈願をしてみてはいかがでしょうか。